合宿免許とはその名の通り免許を取得するために、合宿を行うことです。教習所の敷地内に、宿舎がある施設もあれば、近隣の宿泊可能な施設で寝泊まりする場合もあります。近隣の宿舎の場合、教習所への送迎バスがでているところがほとんどですので、通うのに不自由はありません。最短2週間で取得できるということもあり、合宿期間中は教習漬けです。教習所で決められたカリキュラムに沿って受講していきます。

免許証内容は、通学制の教習所と変わらず、学科と実技を行います。1日3~5時限程度受講する様子は、まるで学校です。仮免許を取得し、見慣れない町を走行するのは、車を運転するドキドキと新しいものを発見するワクワクする気持ちがあり、なんとも楽しいものです。同じ期間に合宿に参加している人たちとは、ほとんど同じカリキュラムなので学科の教室なども一緒になることが多く顔見知りになることでしょう。一人で参加の方も顔見知りの方がいれば安心です。

また合宿免許のプランの中に食事がついていることがほとんどです。自分で料理をすることに慣れていない人でも、安心して食事をとることができます。合宿免許では、実技、学科ともに修了試験に合格することで卒業できます。ですので、卒業試験におちて卒業が先延ばしになり合宿延長料がかかったという話もありますので楽しむのも大事ですが勉強もしっかりしておきましょう。卒業するころには、住んでいた土地を離れるような名残惜しい気持ちになるでしょうが、次は運転免許取得の本試験です。本免許は住民票のある都道府県の運転免許試験場で卒業から1年以内に取得しましょう。

<関連記事>
合宿免許を楽しく取得しよう
レジャーも楽しめる!
掛かる期間