合宿免許を楽しく取得しよう

合宿免許に友人と参加される方も多いのではないでしょうか?宿舎のほとんどは、一人部屋と数人で泊まる相部屋を選べます。友達と数週間寝泊まりするのは、プチ旅行気分です。長い時間一緒にいることになるのである程度仲のいい人と行くのがおすすめです。免許取得のために励まし合えるという部分では、友達と参加するのはいいポイントですね。

また、もし1人で参加される場合も、同じ期間に合宿免許に参加している人がいれば、ほとんど同じカリキュラムですから、顔見知りになります。高校3年生で18歳になったばかりの人や、学生で時間がある人が多いので、同世代の人同士、仲良くなれたらより楽しくすごせるでしょう。授業の中には他の受講者の方を乗せて走行するものもあります。講師の方以外を乗せて運転するのは初めてでしょうから妙な連帯感が生まれるのも教習所の醍醐味ですね。

食器実家で暮らしている人にとってははじめての一人暮らしのような体験です。2週間とはいえ、一人で過ごすため自分のことは自分でします。掃除、洗濯など、食事に関しては、ある程度決まった食堂などで摂ることがほとんどですので、そこでお気に入りのメニューを見つけ食堂のおばちゃんと仲良くなるのはまるで学生気分に戻ったような感覚になることでしょう。免許合宿には通学では味わえない楽しさがあります。時間があれば合宿に参加することも考えてみてはいかがでしょうか?

<関連記事>
レジャーも楽しめる!
掛かる期間
合宿免許の仕組み

レジャーも楽しめる!

旅行合宿免許に参加するならぜひ、場所にもこだわっていただきたいです。知らない町での運転はもはやドライブです。講師の方はその辺りに住んでる方が多いので、路上運転の際にはその土地の話をしてくださることもあります。ここは狸がでるんだよ、ここは有名人の誰々の出身なんだよ、などその土地を知っていくうちにまるで自分がここに住んでいるかのような感覚になります。

合宿といってもプライベートな時間もあります。事前にご当地グルメや、近くのおしゃれなカフェなど調べておいて食べ歩きをするのもいいでしょう。自分が住んでいるところではない土地に行けば、空いた時間で観光を行うこともできます。観光も楽しみたいなら、参加する時期も一緒に考慮できればいいですね。春なら桜のきれいな場所、冬なら雪景色を楽しめる場所など季節によってその土地の魅力も変わります。

観光スポット満載の教習所
せっかく地元から離れた場所に泊まるのだから、その地域ならではの観光スポットには行かないともったいないです。今回は、行って損はない観光スポットが魅力の教習所を取り上げています。

また、路上での教習の中で高速道路の走行を練習する時間もあり、高速道路を使って他県に渡る場合もあります。他の受講者の方と同乗して、道の駅で少し休憩したりするのですが、授業の中で初めての土地を訪れることができるなんてとても魅力的ではありませんか。勉強も大事ですが空いた時間も楽しむことで一生の経験になります。

<関連記事>
合宿免許を楽しく取得しよう
掛かる期間
合宿免許の仕組み

掛かる期間

プレートナンバー合宿免許は最短2週間程度で取得可能です。学科の授業を受講し、教習所内での実技教習を毎日3~5時限、1週間ほど行います。規定の時限を受講したら、仮免許取得の検定を受けます。仮免許取得のための試験とはいえ、緊張感のある空間、免許取得試験のいい予行練習です。仮免許が無事取得できたらいざ、路上での運転です。やはり、教習所内を走行するのとは全然違います。自分の住む町とは景色が違うため、見る景色がすべて新しく楽しいものになるのではないでしょうか。

また、その土地によって地形も異なります。坂道の多い道、曲がり道の少ない道など、なるべく自分の暮らす町に近い地形の土地を選ぶのも大切かもしれません。路上の運転を重ねていくうちに、道をだんだん覚えていくことでしょう。毎日、教習があるわけではありません。間に1日程度休日があるところがほとんどです。路上運転で土地勘がついてきたら辺りを散策するのも楽しいでしょう。

また、仮免許取得と同時に学科のほうも実践的な内容を学びます。すべての規定内容を受講したら卒業検定です。ここまで約2週間、あっという間です。卒業検定に無事合格したら卒業ですが、もし合格できなかったら合格できるまで合宿の延長になります。1発合格できるように勉強もしておきたいですね。

<関連記事>
合宿免許を楽しく取得しよう
レジャーも楽しめる!
合宿免許の仕組み

合宿免許の仕組み

合宿免許とはその名の通り免許を取得するために、合宿を行うことです。教習所の敷地内に、宿舎がある施設もあれば、近隣の宿泊可能な施設で寝泊まりする場合もあります。近隣の宿舎の場合、教習所への送迎バスがでているところがほとんどですので、通うのに不自由はありません。最短2週間で取得できるということもあり、合宿期間中は教習漬けです。教習所で決められたカリキュラムに沿って受講していきます。

免許証内容は、通学制の教習所と変わらず、学科と実技を行います。1日3~5時限程度受講する様子は、まるで学校です。仮免許を取得し、見慣れない町を走行するのは、車を運転するドキドキと新しいものを発見するワクワクする気持ちがあり、なんとも楽しいものです。同じ期間に合宿に参加している人たちとは、ほとんど同じカリキュラムなので学科の教室なども一緒になることが多く顔見知りになることでしょう。一人で参加の方も顔見知りの方がいれば安心です。

また合宿免許のプランの中に食事がついていることがほとんどです。自分で料理をすることに慣れていない人でも、安心して食事をとることができます。合宿免許では、実技、学科ともに修了試験に合格することで卒業できます。ですので、卒業試験におちて卒業が先延ばしになり合宿延長料がかかったという話もありますので楽しむのも大事ですが勉強もしっかりしておきましょう。卒業するころには、住んでいた土地を離れるような名残惜しい気持ちになるでしょうが、次は運転免許取得の本試験です。本免許は住民票のある都道府県の運転免許試験場で卒業から1年以内に取得しましょう。

<関連記事>
合宿免許を楽しく取得しよう
レジャーも楽しめる!
掛かる期間